契約の更新と延長の使い分け

 

契約書には契約期間を明記するのが一般的となっていますが、その期間が満了したあとをどうするか、について『更新』『延長』ということばが用いられることがあります。

期間満了で契約終了とする場合には関係ありませんが、その後も引き続き契約を続行するというとき、いづれの文言を用いればよいのでしょうか?

 

借地借家法にもとづく借地契約と借家契約では、定期契約としない場合には法定更新される関係上、『更新』という文言が使用されています。

 

しかし、それ以外の契約では特にこだわる必要はない、というのか区別することに実益はないようです。

したがって、しっくりくる方を使うとかすればよいのではないでしょうか。