告訴と告発

 

よく似た名称のものとして、告訴と告発があります。どちらも捜査機関に対して犯罪があったという事実を伝えて、その犯人の処罰を求めることです。

 

両者の違いは、それを行おうとする主体の違いです。つまり、告訴ができるのは、被害者本人やその法定代理人等の刑事訴訟法に定められた告訴権者です。

 

一方、告発は、告訴権者以外の者ということになります。要するに、犯罪がおこなわれたと思えば誰でも告発はできるということです。また、公務員は職務中に犯罪がおこなわれたと思われるようなことがあったときには、告発しなければならないとされています。

 

ただし、性犯罪等のいわゆる『親告罪』については、告訴のみ認められています。犯罪があったことが公になることを本人等が良しとしないのに、他人が本人の意に反して行うことは認められないのは当然でしょう。

 

告訴と被害届のちがい

被害者みずからが申告するという点では告訴とおなじものに、被害届があります。この両者のちがいは、告訴が犯罪者の処罰を求めているのに対して、被害届では単に被害を受けたことの申告のみであって、犯罪者の処罰に関しては言及していない点が挙げられます。

したがって、捜査がおこなわれるかどうかは捜査機関の裁量となります。