行政書士試験

昨日11月13日、行政書士試験がおこなわれ、私も微力ながら当日はにぎやかし お手伝いさせていただきました。

やっぱり、おなじように試験会場にいても受験生と監督員とは緊張感というか顔つきはまったく違いますね。まぁ 当たり前といえば当たり前ですけど...

入室時間前に来られた受験生のほとんどの方は、あちらこちらに陣取って参考書やら問題集で最終確認されていました。

自分が受験生だったときはどうだったかといえば、私は試験当日、受験用の六法以外は持参していなかったので時間つぶしにパラパラめくるだけで、ほとんど何もしませんでした。

余裕があったとかではないんですけど、「もう今更やってもなぁ」と開き直っていただけだったとおもいます。オモイシ

 

 

 

受験票を忘れられた方は4名と、おもったよりも少なかったのですが、試験開始後15分経過してから来場し、更に、受験票も無くしたというツワモノもいらっしゃいました。この方、自宅をでるときになってはじめて受験票を捜したのだそうです。←スゴッ

 

行政書士試験は、法律系の資格試験のなかでは比較的難易度も低く、ステップアップやウォーミングアップとして受験される方もいるようです。

もちろん否定はしません、人の自由ですから。でもステップアップ用の職業ってなんやねん!

 

受験された方々に良い結果がもたらされますように