インターネットバンクの相続手続き

 

被相続人が亡くなったことを銀行へ届け出ると、当該預金口座は『凍結』され、以後、必要な手続きが完了するまでは預金を引き出したりできなくなります。

通常、実店舗のある銀行の場合、取引きのあった本支店へ出向き、必要な手続きを行いますが、インターネットバンクの場合には、ほとんどの銀行では実店舗がありません。

「確かに亡くなった父は○○ネット銀行に口座があったはずだけど、通帳もカードも無いしどうすればいいんだろう?」、「カードは見つかったけれど、暗証番号もわからないし預金を下ろせない。」とお困りの方もおられるやも知れません。

銀行名がわかっている場合、まず、カスタマーセンターに連絡を入れれば、その後の手続きは実店舗がある銀行とほぼ同じです。

ただ、書類のやり取りが郵送などで行われるだけで、特に面倒なことはありません。カスタマーセンターはネットバンクのサイトに掲載されていますので、そこに電話をするだけです。わざわざ足を運ぶ必要のない分、実店舗のある銀行より忙しい方には都合が良いかもしれません。

 

遺言書・エンディングノートの大切さ

銀行名がわかっている場合には、カスタマーセンターに連絡するだけで、あとは指定された書類のやり取りを郵送などを使って行うだけでした。

しかし、ネット銀行であることは承知しているが、カードも紙の取引記録等、何も残されておらず、銀行名がかわからない場合や、そもそもネット銀行に口座があることすらわからない場合も考えられます。

通常、口座になんら問題が無ければ、銀行側から連絡があるのは何らかのキャンペーン等の案内等が考えられます。そこで、まずは故人のメール記録を確認すれば、ひょっとすると何らかの手掛かりが見つかるやも知れません。

それもなければ、暫くのあいだ新たに案内が送られてくるのを待つほかはないのかも知れません。

 

このようなことで遺族の方が困らないように、遺言書を作成しておくのも一つの手です。また、遺言書は色々面倒だからというならエンディングノート等に書き記しておくだけでも、その後の手続きがスムーズになります。

遺された家族のために、是非ご検討を!