死亡届はいつ、誰が、どこに出すのか

 

身近な人が亡くなった後には、やらなければならないことがたくさんあります。その中の一つに「死亡届」の提出があります。

最近ではもっぱら葬儀を依頼する葬儀社にすべてお任せにする方も多いかと思いますが、この「死亡届」はいつ、誰が、どこに出すものなのかご存知でしょうか?

 

いつ

通常の死亡の場合、死亡届は届出義務者が死亡の事実を知った日から7日以内(国外で死亡した場合は、その事実を知った日から3ヶ月以内)にしなければなりません。

 

誰が

前出の「届出義務者」となるわけですが、これは第1に「同居の親族」、第2に「その他の同居人」、第3に「家主、地主または家屋もしくは土地の管理人」とされています。ただ、順序にこだわる必要はなく、この中の誰からでも出すことができます。

届出義務者はその名の通り、届出義務を負うのですが、これとは別に届出義務は負わないものの、届出資格が与えられているものに、同居の親族以外の親族、後見人、保佐人、補助人および任意後見人があります。

 

どこに

通常の死亡の場合は、死亡者の本籍地または届出人の所在地、死亡地の市区町村で行いますが、死亡者の所在地は含まれていません。また、死亡地が不明の場合には、発見された地で、交通機関の中で死亡した場合は、その交通機関から下ろした地において行います。