終活は縁起が悪い?

 

以前は、生前に墓を建てるとか遺言するなどというのは、縁起が悪いということで嫌がる人も多かったようです。同様の理由で生命保険も嫌がる人もいらっしゃいます。

たしかに、『墓』『遺言』『生命保険』と、どれをとっても「死」が前提となっていますので、気にされる方が多いのもうなずけます。

しかし、最近ではもっぱら「生前に墓を建てる方が縁起が良い」とか、「相続を争続としないために」などといわれるようになったことから、『縁起が悪い』は、あまり聞かれなくなりました。

実際、私のまわりで生前墓を建てた方や遺言を作成した方が、「やめておけばよかった」というのを聞いたことがありません。

 

遺言作成適齢期はいつなのか?

こんなことをいうと、『やっぱり縁起が悪い』といわれそうですが、人間いつ何があるかわかりません。「そのうちに」とか「まだ若いし」などといっているうちに、もしものことがあるやも知れません。

遺言は、基本的には満15歳に達していればできることになっていますが、精神的に問題ないかなど『遺言能力』が必要とされています。

この遺言能力をめぐって裁判沙汰になるケースもありますので、遺言書の作成はできれば心身ともに健康なうちに行いたいものです。

『遅すぎた』は取り消しがつきませんが、『早すぎた』は作り直せば済むことです。

あなたにどんな財産があるのかをご家族がまったく認識していないような場合、あたながそれらを書き留めておくだけでも、その後の相続手続きがスムーズに進むこともあります。

是非ご一考を!