一度販売した物品を買い戻すには古物商の許可は必要となるのか?

一度販売した物品を買い戻すには、古物商営業の許可が必要となるのでしょうか?

結論を先に言うと、買い取りの相手が販売した当人であれば、古物商の許可は必要ありません。また、買い戻した物品を別の誰かに販売するばあいにも許可は不要です。

 

買い取ったものなのに、「古物」にあたらないのか?と思われるかもしれませんが、当然、「古物」には該当します。しかし、最初に販売したその相手と当該物品の取引きに限っては許可は要らないとされているのです。したがって、その物品を再販するばあいにも許可は必要とされません。

ただし、最初に販売した相手をAさんとすると、AさんからBさんへ転売がされたものをBさんから直接買い取るためには、古物商営業の許可が必要となります。

 

さらに、AさんがBさんから買い戻したものをAさんから買い取る場合には、許可は不要と解されています。ちょっとややこしくなりました。

 

 

自分の持ち物をヤフオクなどに出品するばあいには古物商の許可は不要だが...

ご存知の通り、家庭の不用品などをヤフオクなどに出品するばあいには、いちいち「古物商営業の許可」を取得する人はいないと思います。この場合の物品も「古物」に該当するのですが、原則、『自分のものを』販売するには許可は不要とされています。

 

ただ、この『自分のもの』と言いながら、はじめから転売目的で購入した物品に関しては適用されません。原則通り、許可を取得したうえで販売しなければ違法となります。

 

PR