個人輸入と小口輸入

eBayや海外Amazonで購入したものをヤフオクや日本のAmazonで転売するということを実践されている方は多いようです。また、これから取り組もうと考えている方もおられることでしょう。

このように、海外から仕入れたものを国内で転売する場合、通常、古物商の許可は必要ないことはご存知だと思います。

 

ところで、みさなんは『個人輸入』と『小口輸入』の違いをご存知でしょうか?

 

個人輸入とは、団体ではなく個人で輸入すること、小口輸入とは、大口の輸入ではない輸入のこと?

 

 

PR
 

 

 

個人輸入とは、自分や身近な人が使用することを目的として自分で輸入することをいいます。品目によって数量に制限がありますが、その範囲内であれば法律で禁止されているものを除いて輸入することができます。

 

これに対して小口輸入とは、あくまで第三者に販売することを目的として輸入することをいいます。したがって、数量や金額が少ないからといって個人輸入とはなりません。

 

小口輸入は業務輸入ですので、輸入した物品については、輸入販売業者が責任を負う義務があります。それに対して個人輸入したものは、その輸入した本人が自己の責任において使用することになります。

 

また、小口輸入の場合、商品によっては事前に許認可・届出が必要なこともあり、さらに、消費者が誤った使用によって被害を被ることのないように『義務表示』が必要となることもあります。

しかし、個人輸入した物品を第三者に販売する場合には、このように必要なさまざまな法的手続きを経ているわけではありませんので、そのままでは販売できないことになります。

 

販売する場合には、業務輸入と同じように必要な法的手続きを行ったうえで行うようにしましょう。

 

 

 輸入品による責任はだれが負うのか?

国内においては、PL法(製造物責任法)による責任の所在は製造者にあるとされています。ところが、輸入品に関しては、輸入者が賠償責任の義務を負うとされています。

 

また、消費生活用製品安全法では、輸入した製品の欠陥による事故が起きた場合、事故報告や製品の回収義務は輸入販売者がおこなわなければならないとされていますので、これから輸入転売をされる方は注意が必要です。