風俗?フーゾク?

フーゾクあるいは風俗店などと聞くと、ソープランドのような『性風俗』店を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

性風俗も風俗のうちであることは間違いありませんが、現代においては『性風俗』=『風俗』であるかのような表現がされていることも多いようです。

行政書士の主要業務の一つに許認可申請がありますが、なかでも『風俗営業許可申請』は多くの行政書士が専門分野としているところです。

 

 

風俗営業とはどんなもの?

風俗営業は大きく『接待飲食等営業』と『遊技場営業』に区分されます。

接待飲食等営業とは、キャバクラやスナック、パプ、ホストクラブなどのように「客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる」営業をするものや、風俗営業許可をめぐってなにかと話題になることの多いダンスホール等があります。

『接待』とは、「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により、客をもてなすこと」と定義されています。なんのこっちゃと思いますが、この『接待』の解釈を悪用(?)して営業している店舗も散見されます。

一般的なショットバーなどでは、バーテンダーはカウンターの向こう側にいて、客にカクテルなどの飲料を提供します。このような場合、『接待』はおこなわれないものとされるため、深夜0時を過ぎても酒類を提供することができます。(別途、深夜酒類提供飲食店営業の許可は必要)

しかし、いわゆるガールズバーにおいては『接待』とみなされる場合があります。

バーテンを性別によって区別することに合理性があるのかどうかは、おおいに議論の余地があると思われますが、ここでは割愛します。

そして、もうひとつの遊技場営業とは、パチンコ店やゲームセンター、マージャン店(雀荘)などがあります。

 

性風俗営業はどこに?

性風俗営業は、性風俗関連特殊営業と呼ばれ、大きく『店舗型性風俗特殊営業』『無店舗型性風俗特殊営業』『映像送信型性風俗特殊営業』に区分されています。

店舗型はソープランドやラブホテルなどのように店舗を構えて客を迎え入れて営業する場合に、無店舗型はいわゆるデリヘルなどが該当します。また、映像送信型とは、俗にいうアダルトサイトの運営をいいます。

そしてなんと、これら性風俗営業は、敷居の高い『許可』ではなく、『届出』で済んでしまうのです。行政側としても性風俗に対して”お墨付き”を与えるのが嫌なのでしょうか?

これでは、はっきり言ってだれでも開業できてしまうのですがね。