ダフ屋と転売

資本主義の大原則

人気のあるコンサートチケットなどを購入して、高値で転売する。

もちろん、『コンサートを楽しみにしていたものの、仕事の都合などで行けなくなってしまったので、泣く泣く手放した。』という行為になんら問題があるはずもありません。

では、『最初から転売目的に購入しておいて、これを高値で転売する。』ばあい、何が問題となるのでしょうか?

知識人のなかには、「需要があるものが高額取引されるのは当たり前、資本主義の大原則である。」「株取引と同じ。」という人もいますが...

 

 

転売自体に違法性があるわけではない

ご存知のように、金券ショップでは各種のイベントチケットが販売されています。

もっとも、金券ショップで販売されているチケットは、直接プレイガイドなどで購入されたのものではなく、自分で使用するつもりがない一般の人が持ち込んだものがほとんどであるため、法外な値段で販売されている限りは問題視されることはありません。

では、何を取り締まっているのか?といいますと、東京都の場合、「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」、いわゆる「迷惑防止条例」というものが制定されており、他の都道府県でも名称の違いはあるものの、内容的には似通ったもののようです。

これによると、『転売目的』にチケットを購入することが禁止されています。

転売目的ではない、と言ってしまえば良いのでは?

1枚2枚の話ならば、おそらく通るのではないかと思います。しかし、何十枚ものチケットを転売していたりしたら、転売目的での購入を疑われても仕方がないでしょう。

また、コンサート会場などのイベントが行われる場所の近辺での販売や買取りなども規制の対象とされています。

まあ、これはやっているところを見れば大体ダフ屋だとわかりますが、ネットオークションであっても規制の対象であることに違いはありません。

ダフ屋からチケットを購入したイベントが中止になった

以前、有名外国人アーティストのコンサートが中止になったことで話題になったことがありましたが、その裏で別の話題もありました。

ダフ屋から定価の数倍もする高額チケットを購入したファンが、コンサートが中止になったことからチケットの払い戻しを受けたのですが、当然、払い戻されたのは定価でした。

差額をダフ屋に負担したもらえたとは考えられませんので、かなり大損をしたことでしょう。

正規ルートで購入するか、危険を覚悟で購入しますか?