保険会社との示談交渉がまとまらないときは

交通事故に遭遇した場合、現在ではほとんどのケースで任意保険会社が示談交渉を代行してくれます。もちろん、任意保険に加入していればのはなしであることはいうまでもありません。

 

 

損害保険会社というものが一律に保険金の支払を渋るというわけではないのでしょうが、一般的にいって裁判所の算定基準よりも低額であることは紛れもない事実です。

金額でもめる原因としてあげられるのは、保険会社担当者と被害者のあいだの過失割合に対する認識にズレがあるのが一因ではないかと考えられます。保険会社の担当者は過去の事例を判例タイムスなどを参考にしながら割り出していますが、仕事としてやっているのですから当然ながら、事案に接する頻度は一般のひととは比べものにならない位多いものです。

対する相手側は、そのみちのプロ(?)でもない限りは事故に対して不慣れなのは当たり前です。自分の感覚だけで相手が90%悪いとか自分はまったく悪くないとか思うのも無理はありません。

 

そうした双方の立場や認識のちがいから、交渉を進めるうちにお互いが次第にエキサイトして電話口で怒号を浴びせたりするようになってしまい、ますます交渉がスムーズに進まなくなることがあります。

 

ボタンの掛け違いでは済まなくなってしまったら

保険会社が示談交渉の代理をすることになったからといって、それはあくまで保険会社と契約者(加害者)とのあいだのことであって、被害者であるあなたには何ら関係はありません。どうしてもガマンできなくなったら保険会社の担当者に交渉しないことを伝えればよいのです。

そのようなことになれば加害者と直接交渉するハメになって余計にこじれるのではないかと心配になるかもしれませんが、保険会社は契約者に対して示談完了させる責務を負っている都合上、知らない顔はできないのです。

 

あなたが保険会社とは示談交渉したくないといえば、通常、保険会社は弁護士を立ててくると思われます。あなたはその弁護士と交渉するも良し、あなたの側も弁護士を立てて弁護士同士で交渉してもらうこともできます。

 

弁護士費用が気になるという方は、交通事故紛争処理センターや日弁連交通事故相談センターに示談の斡旋を依頼するという選択肢もあります。

交通事故紛争処理センターに依頼した場合、示談がまとまらなければ審査会が審査し、示談案を提示してくれます。示された案に不服であれば被害者であるあなたは拒否することができますが、保険会社は提示案に応じなければならないことになっています。

 

そして、なんといっても費用が掛からないのですから依頼する価値はあるのではないでしょうか。