契約書は何通作成すべきなのか

この契約の成立を証するため、本証書二通を作成し、甲乙各自署名押印のうえ各自一通を保管する。

 

 

通常、契約書の末尾には上記のような一文が置かれています。

契約の当事者が甲と乙の二者である場合には、二通作成し、更に、保証人や立会人などがあればその頭数だけ作成して、各自がこれを保管するのが一般的でしょう。

 

さて、契約書を当事者の頭数だけ作成するというのは何かの法律ででも決められているのでしょうか? もし、当事者の数よりも少ない数の契約書しか作成しなかった場合、契約の有効性に影響でもあるのでしょうか?

 

もちろんそのようなことはなく、たとえ一通しか作成されなかったとしても有効に契約は成立しますし、仮に、契約書が作成されなくても契約自体に影響はありません。

このことは、「その契約書は必要か?」の記事の中で触れていますので、参照して下さい。

 

では、印紙代もかかるだけで複数枚作成する実益はないのか、といえばそんなこともないのです。

たとえば、相手が捨印を使って契約書の文言を訂正してしまったとしても、契約書が一通しかなければそれを証明することが困難となってしまうのに対して、自分も契約書を持っていれば容易に相手の不正を指摘することができます。

 

それになんといっても契約の当事者は、お互いに契約書に書かれている内容を履行することが求められているにもかかわらず、契約書も持っていないとしたら、誠にお粗末なことと言わざるを得ません。

 

ちなみに、仮に収入印紙が貼られていなくても、契約書そのものの有効性には問題はありません。ただし、印紙税法違反となりますので、きちんと貼付しましょう。